主婦がデジハリに通った末に感じること-スクールと独学-

2021年7月16日

デジハリを卒業した主婦の半年後現在

10年間専業主婦だった私が、突然デジタルハリウッド(デジハリ)に通うことになりました。
結果、半年間のカリキュラムを完了し、クラスで16人中3人しかもらえなかった“修了証”を頂きました。

少しでも “”今デジハリに行こうかどうか悩んでる人”の参考になればいいと思い記事にします。

ただし。

・・・結果、私はまだ就職できていません。

悲しいですね。
※2021年、その後ちょこちょこ個人でお仕事をもらえるようになりなんとかやっています!

私ができない子なんですかね
Twitterを見ていると「未経験から4か月で内定をもらいました!!」という人の多いこと。(体感)
私といえば未だに卒業制作で手掛けた作品を『完成!!』といえずにいます。
⇒仕事が決まらないまま卒業しても、諦めたらだめ。
その後も諦めずにずっと続け、発信し続けることが大切です。

この記事を書いたのは2019年。
2020年は、Webのお仕事(開業して個人で受けたもの)で年収100万円強をいただくことができました。
私は副業として行ってますので、本業と合わせて主人の扶養から抜けました。
この話はまた書きます。


スクール(通い)のメリット・デメリット

  • メリット・・・横のつながりができる。直接プロに相談できる。就職先の情報が豊富
  • デメリット・・動画学習が多いので家でも出来る。通ってナンボ。結局は自分次第。

どんな人ならデジハリにくべきなのか

ずばり。

沢山通える人

これに尽きます・・・
ホント、ホントこれ。
私はかなり遠方だったため、交通費は一日2,000円、片道一時間半を費やしていました。
他のクラスには隣の県から毎日のように通っている子がいましたが、主婦の私にはどうしても無理でした。

通った末にスタッフさんやトレーナーさんととにかくコミュニケーションを持ち仲良くなれる人。

これが苦手な人は『行く意味はない』と断言できます。
重複しますが、続けてあげると・・

 

  • スタッフさんやトレーナーさんととにかくコミュニケーションを持ち仲良くなれる人
  • どうしても独学が苦手な人
  • 一匹狼じゃない人

今のスクールは、実際に通うよりもオンライン授業のほうが増えてきた印象です。
ZOOMや動画配信で授業を行い、添削をし、生徒同士はSlackなどのコミュニティでつながる。
こちらも一長一短あり長くなりますので、また別の機会に書こうと思います。

当時のデジハリのカリキュラム

  • 最初の4か月は基本的に毎週一回、90分2コマの授業を受ける
  • その他は動画を視聴して各自自宅学習(スマホでもみれます)
  • 平日は行きたいときにいく
  • 中間課題+卒業制作
  • 受講生+スタッフ、トレーナー専用のSNSがある

授業はとてもためになりました。
ていうかそこもっと増やしてよ!!!とよく思ったものです。
プロのWEBデザイナーさんが教えてくれる、質問になんでも答えてくれるなんてなんて貴重なんでしょう。

私は比較的に残って質問するようなタイプでしたが、やはり基本は動画を観る自習。
正直いって、独学の時間が長いです。
それだけならオレたちのドットインストールやProgateがアリマスヨ。
何も50マンも出していくことはないです・・きっぱり。

Udemyならセールのときは90%オフがたくさんあるので、常にチェックしておくといいです!



それでも、やはりデジハリに通うメリットといえば、
「横のつながりを作る努力をすればできること」
です。

それっきりの人達ももちろんいますし、今もつながってる人たちの中には就職が決まった人もいます。
数ヶ月に一度集まってるのですがとてもありがたいです。
いつかみんなで一つのサービスを作ろうという話も出ます。
頑張らないといけませんね。

通ってトレーナーを活用できるならスクール、無理なら独学

以上のことから、ひとりで黙々と努力できる人、自分から積極的に声をかけることが苦手な人は独学で十分かと私は思います。

それでもデジハリ気になる!でもそんなに通えない!
でもスクールで色んな人と繋がりたい!という方には通信講座もあります。※※これはこのあとに出てくるデジハリマスター講座(通信講座+AdobeCC1年付とは別物です

 

今はTwitterでも沢山の先駆者たちと関われます。
もくもく会や勉強会、プロからのレビューやコミュニティが盛んなのでそういうところでレビューを頼んでみるのがオススメです。
これなら自称コミュ障でも、顔も見えないし第一歩を踏み出すにはちょうどいいのでないかと思います。

独学方法について

※ここで紹介する独学とは私が実際に利用してきたもの、体験したことがあるものに限ります。
※初学者さんがまず通るであろうprogateドットインストールはほんとにオススメです。まずはここで一通り叩き込みます。

スクールに行くかどうか迷ってる人を対象とした記事なので、もっとプロからの講座を聞きたい方は▼▼コチラ▼▼

Udemy

上記でも書きましたが、Web制作に関わらずデザイン、広告、マーケティング・・ビジネスに関する様々な講座を動画で購入します。
90%OFFなどのセールが頻繁に行われるのでそこが狙い目!!

個別のオススメ講座は今後たくさん紹介していきます。

AdobeCCについて

話は少しかわって、Webデザインを学ぶにあたって避けて通れないのが制作ツール。
様々な選択肢がありますが、多くの人はAdobeCCを契約するのではないかと思います。
公式サイトだと年額72,384円(月額6,248円)!!主婦にはとてもきつい金額です。。
Amazonでは年額65,760円で公式より少しお安いですが、年に何回かセールがあり、20%〜30%安く変えるタイミングというのがやってきます。
このあと出てくる通信講座付きの申込みがめんどくさい方には断然コチラです!▼

AdobeCCを最安値(¥39,980円/年)で利用する方法

上記に記載した購入方法よりさらに安くAdobeCCを手に入れる方法があります。
なんと年額:39,980円

AdobeCC1年間+通信講座1ヶ月付 税込¥39980 たのまな

【即使える!!】AdobeCC1年間+通信講座1ヶ月付 税込¥39980 デジハリオンライン

私は毎年上記のどちらかで契約しています。
領収証も発行可能で経費としても落とせるので、個人事業主の方には特にオススメです。

TwitterなどではAmazonセール情報が流れてきますが、40,000円を切るものは見ない気がします。
どうしてみんなそっちで買うんだろう?
1ヶ月ついてくる動画で基礎の復習もできるので本気でオススメします😊

なぜデジハリに通うことになったのか

ここからは興味がある人だけ
上記でも触れましたが私は10年間専業主婦でした。
結婚前は大手人材派遣会社で管理職についており、24歳で結婚。
産休、育休を経て仕事復帰というところで会社の都合により希望退職制度にて退職。

子育てに追われ、子供が小学生になったら自分の時間もでき・・
あまりの快適さについのんびり過ごしてしまったんですね。
そこでいよいよ・・・家計の状況を考えたところ、ヤバい。ヤバいよ。

働かなきゃ!
というところで、『どうせ働くならもう一度バリバリ働きたい、時間が過ぎるのを待つだけのパートは嫌だ!』
派遣会社に入る前からWEB業界に憧れを持っており、未練が残っている状況。
ここからWEB業界を目指すことになりました。
すぐに小さな制作会社に突撃して、気合のみで雇っていただきましたが紆余曲折あり結果続けることはできませんでした(これはまたの機会に)。


入学してすぐにオリエンテーションがありました。
私の時は会社員が多かったように思います。
一番下は24歳~上は46歳まで。
主婦は私を含め2人。私たち主婦が最年長組でした。

本来主婦、ママ向けカリキュラム(グロースハッカー養成講座)が別にあったのですが、私はなんとなく主婦向け講座には惹かれず・・通常のWEBデザイナー養成講座に行きました。

今になって思えば、ママグロースハッカー養成講座のほうが授業内容も志の高さも、通常コースより上だった気がします。

私は、修了証をもらうことができましたが、周りのクラスメートは積極的ではなく、殆どの生徒たちが修了証をもらわずに卒業していきました。

まとめ

就職の斡旋もありますが、私のように年齢が30超えてなかなかスクールへ出向けない人は結局自力で探すことになります。
比較的若く、決して少なくない動画と課題をこなす時間が確保をする意気込みとたくさん質問をして知識を吸い取ってやる!!!という意気込みがある人は決して損はしないと思います。